南アフリカ航空・経営再建進捗について

生活・ビジネス

こんにちわ。南アフリカ生活が大好きな駐在員リーマンこと、ノーブルです!

 昨日のネットニュースに南アフリカ航空の記事が載っていました。経営再建は前途多難であり、予断を許さない状況にあることは変わりませんが、どのような進捗なのか見てみたいと思います。データはNEW24からの要約(2020年9月23日)です。

救済用資金の確保の目途はできたのか?

・南アフリカの国家財務省当局者は、国営航空会社の経営再建向けの資金調達の指示にしぶしぶ従っている。というのもこの計画自体が国の財政信頼性を損なうかもしれないと恐れているからです。
・また国家財務省は、南アフリカ航空向け経営再建の資金を調達するために、来月予定されている中期支出の枠組みで資金を再優先順位付けしようとしている。
・経営再建用の資金は他の政府部門予算ややプログラムから捻出することになっているが、コロナウイルスの大流行によってボロボロになった経済を立て直すための努力を損なう可能性がある。
・10年前に利益を上げことを最後に赤字を垂れ流し続けており、生き残るために公的資金に依存してきた南アフリカ航空については、政府内(特に財務省)でも公的資金の継続提供に反対の意見は多数ある。
・結局財務省は上記議論に敗れ、政府は南アフリカ航空の経営再建に必要かつ清算を回避するために必要な約100億ランド威所の資金を提供することを、債権者らに保証した。
・公的資金を使用して南アフリカ航空を救済することは、南アフリカのコロナウイルス対応に資金を提供してきた投資家や多国間の貸し手に心配なシグナルを送ることになる。
・約104億ランドは莫大な資金ではないかもしれないが、航空会社救済のために今後数年間で必要な資金であり、まだまだ予断を許さない。
・野党は、南アフリカ航空への必要な資金を提供する投資家を見つけることができなかった場合、清算も視野に入れるよう提言した。

まとめ

 本日時点で政府の公式発表はなく、新聞やネット情報からの情報から進捗を抜粋しました。10月には何等かの方向性・指針が出る予定ですが、まだまだ予断は許しませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました