【南あふりか】ジャカランダとは? どんな木? どんな花?

観光・ワイン

 南アフリカの勘違いで多いのが、最大の経済都市であるヨハネスブルグを首都と思ってしまう事ですね。小生もそうだと思っていました。実は首都は3つあるのです。行政府はプレトリア、立法府はケープタウン、司法府はブルームフォンテンなのです。今回はプレトリアについてのお話しをしたいと思います。

10月のプレトリアといえばジャカランダが満開

 10月頃になると、ジャカランダというむらさき色の花がプレトリアの街のあちこちに咲き乱れます。遠くから見ると桜(色はむらさきですが)のようであり、時として日本を思い出して、ホームシックになったりもします。プレトリアのジャカランダシーズンは9月末~11月中旬で、約7万本の木がいっせいに街中に咲きます。この木は南アフリカにもとからあった植物ではなく、1829年にブラジルから輸入されたものです(所説有)。よって外来植物なのですが、南アフリカの人達に愛されており、根絶させられる恐れはまったくありません。

受験の神様;ジャカランタの花びら

 プレトリアの人々はジャカランダが大好きなんです。またプレトリア大学の学生が卒業試験に向けて勉強期間に街を闊歩して、たまたまジャカランダの花びらが頭の上にのることがあれば、間違いなくその学生は卒業試験に受かるといわれています。もしあなたに受験生の子女がいらっしゃるなら、10月後半にプレトリアの街を散歩してさせてはいかがでしょうか?

ネルソンマンデラ元大統領も愛したジャカランダの木

 ネルソン元大統領は、彼の著書である「自由への長い道のり」の中で、1956年~61年に行われた裁判期間の思い出の1シーンに触れています。 

“Those moments under the shade of the jacaranda trees on the vicarage lawn were the most pleasant of the trial …” (Vicarageの中庭の芝の上、ジャカランダの木陰で過ごす瞬間が、裁判期間中での最高の時間であった。筆者訳。)

 1994年5月10日、ユニオンビル前(プレトリアにある)で行った独立記念スピーチでもこのジャカランダについて言及しました。

To my compatriots, I have no hesitation in saying that each one of us is as intimately attached to the soil of this beautiful country as are the famous jacaranda trees of Pretoria and the mimosa trees of the bushveld. (同胞たちへ、かの有名なプレトリアのジャカランダの木とブッシュフェルトのミモザの木のように、私たち一人一人もこの美しい国の土壌に親しく寄り添いあっているのです。筆者訳)。

10月頃限定ですが、ヨハネスブルグに来た際は、少しだけプレトリアにドライブをし、ジャカランダを楽しんでみるのはどうでしょう!超おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました